もうすぐ新人の皆さんがデビューする4月がやってきます。

ドキドキワクワクですかね。

 

そしてナースならだれもがプリセプターについて気になっていることでしょう。

 

今回はプリセプターについての解説と、プリセプターになる方の立場から実際に指導する方の気持ちを書いてみたいと思います。

 

プリセプター&プリセプティーとは

プリセプターは新人指導を1年間担当するナースのことを指します。

基本的に1年間ですが、その新人がちょっと遅めのスピードで進んでいる場合や1年経ってみて、まだ一人で看護をするのが不安な場合には、2年間などプリセプター期間を延長する場合もあります。

 

でも実際に延長になってしまうと「落ちこぼれ」として見られてしまうこともありますので、基本的なペースで進んでいけるように頑張りましょう。

 

そして新人側のナースのことをプリセプティーといいます。

 

プリセプター:プリセプティーは1:1が基本ですが、手厚いところなどでは2:1で新人をサポートしていることもあるようです。

 

何年目の看護師がプリセプターになるの⁉

 

プリセプターの看護経験はその病院によって異なると思いますが、うちの病院の場合は3年目(実質看護経験2年)のナースがプリセプターを担当しています。

しかし人材不足で2年目のナースが足りない場合はそのほかのベテランナースもプリセプターに付くこともよくあります。

 

プリセプターという役割自体が、卒後3年目の「新人教育」という課題にもなっているため。3年目のナースをプリセプターとしているようです。

 

ですので大体3年から4年くらいのナースが多いと思っていたらいいのではないでしょうか。

 

 

プリセプターの役割

 

プリセプターの目的は「新人が1人前のナースになるためのサポートをする」ということです。

 

実際にうちの病院では新人ナースに実践してもらってそれを一緒に振り返ることで、次に生かすというPDCAサイクルに基づき関わっています。

 

さらに積極的に悩み事や相談に乗って、新人ナースがスムーズに病院に慣れるようサポートをするのも重要な役割です。

ですのでプリセプターから新人ナースに声をかけて、食事に誘うというのも結構よくある話なので、声がかかったら一緒に悩み事などを相談してみましょう。

 

 

プリセプターが嫌な人だったらどうしよう・・・

 

よくあるのがプリセプターが怖い、合わないなどの人間関係のトラブル。

 

プリセプターとの関係が原因で新人離職をしてしまうナースもいました。

 

そのような

トラブルを回避する方法はないのでしょうか?

 

人間関係を良好に保つコツならこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

また

  • 納得いかないことがあってもとりあえずは肯定する。
  • 新人らしい態度・身だしなみを心がける

 

ということも念頭に置いておきましょう。

 

とにかく新人らしく素直なナースなら、いじめたりはしないと思います。(それでも性格的にいじめるのが好きなナースやマウンティングナースは山ほどいますが・・・)

 

もしそんな嫌なプリセプターに運悪く当たってしまったら、誰でもいいので先輩や師長などに相談するようにしてくださいね。

 

でもまだ病棟内の人間関係を把握しきれていない段階で先輩ナースのことを悪く言うのはやめましょう。

 

そのような性格が悪いナースに限って、師長などの上司に取り入るのが上手く、新人を悪い立場に追い込んでしまうリスクがあるからです。そのような状態になってしまうと新人一人では組織にはかないません。

 

ですので、まずは本当に信頼できる先輩を見つけることが重要です。それまでは同期と慰めあいながら頑張って耐えましょう。

 

 

プリセプターだって本当はしたくない!する方の本音

 

私個人的な意見ですが、プリセプターという役割は嫌いです(笑)

 

だって新人から○○先輩は仕事が出来るからいいけどさやみん先輩は頼りない・・・とか思われそうだからです。

実際にそういったことを言われたことはありませんでしたが、私自身が新人の頃、同期のナースの中で

 

「そっちのチームのプリ(プリセプターのこと)いいよね~、なんでも教えてくれるし~」

 

なんて話していました。

やっぱり新人ナースの中でプリセプターの存在ってとても大きくて、その存在に1年間影響されるといっても過言ではないと思います。

 

そんな私も経験がある程度出来てプリセプターをするように・・・

 

そうなってみて感じるのは、私だって好きでプリセプターをしているんではない!ということです。

プリセプターも教育研修というものをうけたり、自分なりにどうやったら看護を新人に伝えられるかを試行錯誤しながら取り組んでます。

さらに言うと、組織からは「絶対に新人を辞めさせないように」強く言われるという現状があります。

 

新人離職は組織のデメリットになりかねないからです。

 

そうなるとプリセプターとしては、新人の顔色を窺ったり、嫌な思いをしていないかなどかなり神経をとがらせて新人ナースの観察をして関わっているのです。

 

ですので、新人ナースもこんなプリセプターの苦労も少しはわかってあげてお互いが歩み寄る気持ちで接してあげましょう。

 

お互いが思いやり、一緒に頑張るという気持ちが大切

 

いろいろ書いてきましたが、新人とプリセプターが良好な関係を保ちながら成長していくにはお互いがそれぞれのことを思いやり、素直な態度で接していくことが重要だといえます。

 

どちらかが嫌だな~と思うと、相手にもそれは伝わってしまうものです。

 

これから新人ナースとして出発する方はぜひプリセプターと一緒に成長できるように、頑張ってくださいね(^^♪