お久しぶりです!日々看護師業務を頑張ってへとへとです・・・

 

今回は久しぶりテキトー医療用語解説をさせてもらいます。

 

今回は経管栄養のお話。

 

マーゲンチューブ・マーゲン・マーチュー・MTは経管栄養カテーテルのこと

 

しかしいろいろな呼び方がありますよね。

 

とにかくマーゲンって言ったら経管栄養だ!ってことを覚えておけば大丈夫です。

療養病床などでは経管栄養を実施している患者さんも多く、意外と時間もかかるため、看護師の負担になりやすい業務といえます。

 

個人的には病棟ラウンドをしていて、経管栄養をつなげるのはいいものの、

 

そのまま放置してしまい、長時間患者さんが空のイルリガートルと長時間つながっているという状態に・・・

ラウンド後に慌てて外しに行くといったことが何度かありました。

 

一番怖いのは注入中の抜去

 

マーゲンチューブは胃まで挿入されていて、そこに栄養剤を注入するのを目的にしていますが、何が怖いってそれを患者さんが引っ張ってしまうこと。

 

経管栄養をしている患者さんって認知力が低下している方も多く、管が挿入されている苦痛で、それを体内から出そうと引っ張ってしまうんですよね。

私も何度も患者さんが自己抜去してしまい、インシデントレポートを書いた記憶があります。

 

しかしそれが注入中となると、もう大変。

だってカテーテルの先がどこにあるのか分からない状態になっているからです。

 

もし気管へ͡誤挿入されてしまったら・・・

 

なので注入中に自己抜去されてしまったら、とにかくすぐに注入を中止して、医師へ連絡!

 

そのうえで状態観察をし、口腔内や気管へ注入物があれば吸引をしましょう。

 

注入前のエア入り確認・ギャッジアップなど誤嚥予防も重要

 

みなさん、注入前にちゃんとエア入りの音を確認していますか?

面倒だと思って実施していない人は、恐ろしすぎる!!!

 

あれでカテーテルの先端がちゃんと胃内にあるか確認しているため、もしそれで万が一カテーテルが抜けかけていた場合に注入してしまったら、患者は誤嚥してしまうかもしれません。

 

あとはちゃんとファーラー位を保つこと。

 

日々のルーチン業務で流れ作業にならずにちゃんと根拠を持って、リスクも把握したうえで実施するようにしましょうね。私も頑張ります!