私はこのブログで看護師になるための方法やコツを紹介してきましたが、実際に読んでみて

 

「こんなに大変なら看護師を目指すのは不可能だ・・・」

 

と諦めかけてしまっている方もいるのではないかと思います。

 

そんな方向けに今回は看護師は目指せないけれど、同じ医療職でもっと簡単に資格を取得出来てさらに看護師と同じくらい活躍出来る資格を3つ紹介したいと思います。

 

本気で看護師を目指すならこんな記事は邪道だと思いますが、ちょっとでもあきらめかけている方に希望を持って医療職を目指して欲しいと思うので書いてみたいと思います。

 

1・看護助手

 

看護助手という職種は実は資格はなくても働くことはできます。

 

仕事内容は看護師とは異なり、医療処置や患者さんに直接触れるようなことは基本的にはできません。

患者さんのシーツを交換や検査の際にお連れしたり、入院の準備など看護師のお手伝いをするのが看護助手の仕事です。

直接医療行為はしないものの、患者さんと触れ合うことができ看護師と同じ制服を着用する職場も多いので、プチ看護師気分を味わうにはもってこいの仕事といえます。

 

肝心のお給料はバイトや派遣でも1500円前後が多いようです。

一般的な仕事より高めなので、働き甲斐もありますね。

 

大手の求人サイトにもたくさんの看護助手の求人がありますので、気になった方は自宅近くの看護助手の求人を見てみましょう。

またいきなり病院で働くのも不安という方には、看護助手養成のための通信講座もあります。
それに申し込むと、医療に関する基本的な知識や看護師や医師が使う医療用語などを学んだり、患者さんと接する基本的なことなどを学ぶことが出来ます。

 

 

2・介護士(介護職員初任者研修:ヘルパー2級)

介護士は現在介護職員初任者研修という難しい名前の資格へと変わっています。

 

看護師とは違い医療処置をすることは出来ませんが、患者さんや施設の利用者さんと関わり、日常生活のお手伝いをする点はかなり看護師の仕事内容と近いものがあります。

 

みなさんよく勘違いされているのが、看護師はずっと点滴や注射をしているわけではなく、通常の病棟勤務の場合、一番メインの仕事は患者さんのケア(体を拭いたり、おむつを替えたり、食事などをお手伝いする生活援助のこと)なんですよ⁉

詳しくは看護師になって「思ってたのと違う!!」となったことの記事を見てみて下さい。

 

ですので介護士は最も看護師に近い仕事でやりがいもあるおススメの職業です。

また需要もかなり高く、資格を取っておけばこの先仕事で困ることはありません。

しかも資格自体も通信教育で最短3週間で資格を取得することが出来るんです。

 

看護師はハードルが高そうだけど、でも資格を取得したい!という方にぜひおすすめです。

通信制の教育講座なら働きながらや家にいながら学ぶことが出来て、2万円程度で資格取得まで出来ちゃいます。

気になった方はぜひ通信講座などを見てみましょう。

介護士の資格取得の講座をみてみる

 

 

3・医療事務

白衣は着ないけれど、医療事務も病院でバリバリ働くことができる職業です。

 

医療事務というとただ受付に座っている事務のことを想像するかもしれませんが、大きな病院では医師の専属になって秘書のようなことをする仕事もあります。

 

診療報酬など難しいことを覚えなければいけませんが、この職種は未経験から挑戦している方がほとんどで、子育てが終わってから資格を取って働き始めたというママやフリーターから挑戦したという方もいます。

 

それだけチャレンジしやすく、また働きやすい職業ともいえます。

 

通信講座でも人気の資格なので、気になった方はぜひチェックしてみましょう。

医療事務の通信講座をみてみる

 

まとめ

看護師になるのが無理だと思っても、病院で看護師のように働ける仕事はたくさんあります。

夢をあきらめる前に、ちょっと違った視点で仕事を探してみて下さい。

 

仕事をしながらや家事・育児をしながらでも資格や仕事探しは出来ます。

ぜひ新しい人生を見つけてみて下さいね(^^♪