f:id:tbbokumetu:20171027161656j:plain

看護師さんで、就職や転職で総合病院を考える人も多いと思います。

総合病院は待遇がよかったり、キャリアアップに繋がったりと、仕事をする上でメリットは沢山あります。

 

nsnotubuyaki.hatenablog.com
nsnotubuyaki.hatenablog.com

ですが、今回はそんな総合病院に働いてみないと分からないマニアックな特徴10個を私の勤務経験から書いてみたいと思います。

 

些細なことですが、これが実際に働いてみると、重い負担となってしまうことも・・・

総合病院で働こうと思っている方にぜひ1度は目を通してもらいたいと思います。

とにかくマニュアル!!

どこの病院でもマニュアルはあると思いますが、とにかくマニュアル遵守なのが総合病院です。

 

例えば新人の技術チェックはもちろん、インシデントが発生すれば1からマニュアルを確認し、手順に違いがなかったか、チーム全員で振り返ります。

そして年に1度はマニュアルと自分たちのやり方が合っているかを確認し、異なっていたらマニュアルの作り直し・・・

そう、私たちはマニュアル通りに動くロボットだと働いているうちに思い込まされていきます。

 

「こっちの方が効率いいから」

「忙しいから」

 

などとマニュアルと違ったことをすれば、即先輩に指摘されます・・・

そんなマニュアル信仰の総合病院ですので、自分のやり方で生きていく!!という人は覚悟が必要かもしれません。

 

委員会や係などボランティアが多い

先程も書いたマニュアルを作る係や看護記録を見直す係、医療安全に栄養チーム、そして勉強会係に新人教育・・・

数えればキリがない、委員会や係などの患者さんと関わる以外の病院運営に関わる仕事。
一人一つの係では人手が足りないため、別の係と掛け持ちなんてのもざらです。

 

本来は勤務時間に行うべきものなんでしょうけど、日々の業務自体が忙しすぎて、そんなプラスアルファのことをやってる時間なんてありません。

ですので、そのような仕事は大抵ボランティアで勤務時間後や家に持ち帰ってやるハメに。
新人の頃くらいが、そんな責任のある任務を任されなくて幸せだったなぁ(´∇`)

報告書作りが大変

患者さんがちょっとつまづいた!!

そんなよくある一コマ。

 

一般的なクリニックとかだったら、

「転ばなくてよかったね〜」

で済む話なんでしょうが、大きな病院はそんな些細なことでも、インシデント ゼロレベルとして報告します。

私たち医療関係者の環境整備に問題があったのか、リスクマネジメントは出来たのかなど、報告書にまとめます。

 

まぁ、アクシデントはそんな小さなヒヤッとしたことが積み重なって起こるってのも良くわかるんですけど、やっぱり報告書ってのは手間もかかるし大変です(^^;

 

豊富な研修でスキル獲得

新人研修は当たり前、2年目、3年目、中には5年目向けの研修もあったりします。

その分、確実に知識や技術を身につけられるため、技術などに不安がある場合はこの充実した研修制度は本当におすすめです。

 

育休明けでブランクがある場合でも希望すれば、研修に参加できるため、一定のスキルを身につけることが可能です。

 

キャリアアップのサポート充実

例えば、認定看護師になりたい!!といった目標がある場合、総合病院で待遇が良いところだと、その資格取得のための費用を出してくれた足り、資格取得のために休んでいる期間を有給扱いにしてもらえたりするのです。

大きな病院にとっては、認定看護師のような資格を持った看護師がいることが、病院自体のPRになるため、病院にとってもメリットがあるのです。

 

そのため、キャリアアップを目指していたり、資格取得を考えている場合はぜひ総合病院おススメです!

忘年会は1泊温泉付、景品も豪華

ウチの病院に限ってのことかもしれませんが、忘年会は1泊で温泉旅館で実施します。そこで行われるくじびき大会では、某テーマパークチケットなど豪華賞品が手に入るため、職員が必死になります(笑)

このようなスケールの大きいイベントは、規模の大きい総合病院ならではですね。

 

飲み会は多いと月1ペース

これはどこの職場でもそうなのかもしれません・・・(;・∀・)

 

看護師は基本お酒が好きで、のんべえもかなりの確率でいます(笑)

そんな人がチームを牛耳っていると

「今度は○○会するわよ~!」

と、こうなるわけで・・・

 

お付き合いも仕事の内ですかね~。

 

辞めるのがメチャクチャ大変

正直、就職するよりも退職の方が大変かもしれません。

 

辞めるとなると、中途退職は基本認めてもらえず、年度の区切りで退職するように促されます。

病院側としても、個人的な理由での退職は病院のイメージ低下につながりかねないため(新人は特に!)、師長や部長などと繰り返し面談をし、なんとか退職を食い止めようと必死になってくるのです。

それでも、本気でやめたい場合は、そんなの関係なく、みんな辞めていきますけどね。

 

何かをやらかしたら院内中に噂が・・・

結構先輩から今までの伝説の看護師の噂を聞かされました。

医師の滅菌操作の介助中に、焦りすぎて素手で器具をつかんだこととか、面白系のネタとして長年語り継がれていくのです。

 

私も、自分がそうならないように必死でやってきましたが、自分が伝説を作ってしまったら、たまったもんじゃありません。

 

大きな規模でも、噂が広まるのはあっという間です。違う部署でも、名前や顔はすぐにばれてしまうので、みなさんやらかさないようにくれぐれも気を付けて仕事をしましょう。

個人情報の管理徹底すぎ

大規模になればなるほどうるさいのが、個人情報管理です。

個人のUSBの接続は、事前にウイルスチェックをしないとダメとか、ちょっとしたメモ書きでさえ、落ちていたら大問題になります。

私のようなおっちょこちょいなナースはかなり用心が必要となってきます。

まとめ

総合病院のこと、少しは分かってもらえたでしょうか?

メリットもデメリットも含めて、自分に合うかどうかの参考にしていただけたら幸いです。

 

nsnotubuyaki.hatenablog.com