病棟看護師なのに採血が嫌!採血で多い失敗の原因と成功させるコツを教えるよ

突然ですが、あなたは採血は得意ですか?

採血は看護師とは切っても切れない関係ですよね。

 

私は既に約10年ほどの無駄な看護師経験がありますので、採血といえばまあまあ取れるようになってはいますが、新人ナースやブランクから復帰したばかりのナースの方は採血がとても不安ではないでしょうか?

私も入職したての頃は採血が怖くて、夜勤の際に早朝に実施する採決が本当に恐怖でしかありませんでした。

必ずと言っていいほど震える右手。そうしてるうちに自分の声さえも震えてきて、患者さんを安心させるはずの看護師が、逆に恐怖感を与えていたと思います(笑)

そんな私も異動で施設のような超慢性期病棟に勤務することになり、もろすぎるおじいちゃんおばあちゃんの腕や脚に採血やルートをとらなくてはいけない状況に追い込まれたことで、必然と採血の技術も上達したような気がします。

でも採血って本当に患者さんとの相性があるもんで、ダメな患者さんとはとことんダメなんですよね。

ここまで経験してその諦め加減もやっと分かってきましたが、新人の頃は本当にスランプで悩んだりして落ち込んだことも多くありました。

今回は新人ナースやブランクから復帰したてのナースに向けて、今回は採血をちょっとでも成功させるためのコツを個人的な裏技をお伝えしたいと思います。

ちなみにここで紹介するコツは、私個人的なものであり正規の方法や根拠などを無視しているかもしれません・・・

それでも何が何でも採血を成功させたい自分に自信を持ちたいと思うナースの方だけ、ご了承の上、読んでいただければと思います(笑)

では私が実際に腕を見て難しそうだなぁと思った時や1回失敗した時に実践している方法と失敗するナースが良くやる失敗例を紹介していきたいと思います。

  • 採血が苦手だと感じている看護師
  • いつも採血を失敗してしまう看護師
  • 新人ナース

の方などの参考にしてしてみてくださいね。

 

見える血管を敢えて狙わない

あなたは血管を探す時、何が何でも見えている血管を探してはいませんか?

見えている血管が必ずしも成功する血管とはかぎりません。

反対にか細い血管しか見えていなくて、見えない箇所に太い血管が隠れている場合もよくあるのですが、ナースってなかなか見えない血管に刺す勇気がない方が多い・・・。

 

しかし隠れて見えない血管こそ、駆血帯を閉めてしっかり指で探っていくと弾力があっていい血管があったりするものですよ。

確かに見えない欠陥となると誘う時の不安はかなり大きいですが、成功する確率はか細い見える血管よりもかなり成功率は高いと言えるでしょう。

ここは勇気を持って挑戦あるのみだと思います。そしてチャレンジしながら経験することでちゃんと技術も身に付いていきますよ。

腕をはたくのは絶対ダメ!

先輩がやっていたからとか、先生に教わったとかで、血管がみえない時に腕をバシバシはたいていませんか?

それ、全く無意味。

というより逆に血管が刺激で細くなってしまいます。

 

どうせやるなら、温タオルを作って腕をあたためてあげたほうが100倍マシです。

筋と血管を間違えるな!

私がプリセプターの時に新人の後輩が

「さやみんさん、ここで採血しようと思うんですけど」

って教えてくれた場所が明らかに筋だったって言うケース、よくありました。

 

最初の頃って血管と筋を間違えやすいのかと思います。

血管と筋の違い
  • 血管はプニプニしていて動く(強く押したりすると逃げたりするよね)
  • 筋はガツガツ硬くて動きづらい

こんなかんじで少しずつ違いを身に着けていきましょう。

採血している手の固定が不十分

血管も無事いいのが見つかって、よし刺せたね~と思った後の失敗あるあるはこちら。

新人ナースに多いのが、採血を実施している手を患者に密着させるのが怖いのか、嫌なのか手を浮かせて採血をしているナース。

それ、どうやっても動いちゃって上手く最後まで取れないよ⁉

って言うのですが、あなたも患者の腕に手を置くことを恐れてはいませんか?

 

採血の命ともいえる自分の手を固定しないで、どうやったら動かさずにいられるのか・・・

何が何でも患者の腕にしっかり手を置いて、「無動」を極めて下さい!

失敗を恐れない

新人ナースは採血で失敗をすることがとても怖いと思います。

 

私自身もそうでしたが、でも看護師をやっているうちに気付いたことがあります。

失敗して許されるのは新人の時だけだということ。

 

3年以上の経験がある看護師は「採血を失敗できない」っていうかなりのプレッシャーに襲われます。

その様な経験年数にもなっても同じ針しか使えなかったり、同じ場所にしかさせないような採血スキルでは高齢者や子供など応用が効きません。

新人時代に失敗しながら様々な採血の挑戦をするからこそ、どんな患者さんにも対応できる採血スキルが身につくのだと私は実感しました。

新人ナースやブランクから復帰したてのナースは、今こそが失敗できるチャンスだと思って何度も失敗し、そして経験を積んでみてください。

 

失敗した時のフォローはスタッフが補ってくれるはず。そんなフォローがない職場はもう辞めてしまえと思うくらいです(笑)

諦めるスキルも肝心

採血は患者さんとの相性が本当に重要であり、自分はこの人と合わないなと思ったらとことん合わないものです。

そう感じたら素直に他のスタッフに任せてしまいましょう。

毎回これだと「ダメなナース」とレッテルを張られる可能性大ですが、10回に1回くらいなら誰もそんなこと思いませんよ。

どんなにベテランおばちゃんナースでも

「あの人は相性が悪いわ~!!!」

といって採血を他のスタッフにお願いすることも少なくありません。

諦めが肝心、「誰かに任せよう」と思える余裕も必要です。

 

針を使い分けできていない

病院や施設のコスト管理などで安い針(直針22Gとか?)しか使わせてもらえないところもあるかもしれませんが、やはり採血しづらい患者さんには翼状針や細いゲージの針などをうまく利用しないと採血が成功しません。

「弘法筆を選ばず」というのは看護師の世界では通用しないのです。

 

いかに安楽に看護や医療を提供できるかを考え、適切な物品を選ぶことも忘れないようにしましょう。

 

ちなみに私は翼状針が大好きです(笑)あれがあれば完全無敵!とも思えるくらいです(*´▽`*)

直針と呼ばれる、まっすぐ長い針は血管を突き破ってしまう確率が高く失敗しやすい穿刺針です。

採血に自信を持てないというのであれば、最初の頃は翼状針をヘビロテし自信をつけることを優先してみては?

失敗した原因を考えない

1度失敗したのに、なんでまた同じ血管を選んで同じ針で刺すの???

と後輩の採血を見て思ったことは何度もあります。

なぜ1回目の採血が失敗したのかを振り返らないことが最大の際、失敗の原因とも言えます。

 

  • もしかしたら、その血管の走行自体が悪かったのかもしれない
  • もしかしたら、その血管自体が弱くて漏れやすい血管だったのかもしれない
  • 血管が深すぎて針が届かなかったのかもしれない
  • 血管に入った感触がわからないようなもろい血管なのかもしれない

予測ではありますが、このような失敗した原因を考えないとまた同じ失敗をすることにつながります。

 

自分なりに失敗した原因を考え、どうしたら次は成功できるかを考えると必然と次にするべき事は分かってきます。

血管を変えたり、針を変えたり、自分の体勢を変えてみたり、そんなことをしながら成功できるように自分のスキルも身につけていきましょう。

体制がなっていない

これは患者もナースもどちらもにも言えることです。

採血を失敗しやすいナースあるある
  • 低いオーバーテーブルの上で看護師があからさまに腰痛になりそうな体勢で採血をしている
  • 採血枕がなく、患者さんの腕がそのままテーブルの上に乗っており全然肘が伸びてない
  • 寝たきりの患者さんの採血でベッド柵をしたまま採血をする
  • 物品が適切に配置されていない(右利きなのにトレーが左とか)

看護の基礎は本当に重要です。なめてはいけません。

その一つが環境整備。

どうしたら自分がやりやすい体制で採血できるか、どうしたら自分がスムーズな動作が出来るかを事前に考え、ベッドサイトを見て環境整備をしましょう。

採血に必要ないものはどかしたり、適度なスペースを確保することもわすれずに!

採血を実施する処置スペースを確保し、そして明るく見やすい場所で、そして邪魔なものがない、そして導線を全て事前に確認し、スムーズに行えるような環境を作ることが事前の準備としては重要なのです。

ここをなめていると採血は上達しません!

忙しいからとか慣れてきたからっていうことは理由になりません。基礎をしっかり確実に実施することが一番の採血の近道とも言えるかもしれませんね。

まとめ

どうでしたか?

参考になりそうなものはありましたでしょうか?

 

今回は初めて看護手技について触れてみましたが、もしこのような記事がナースのみなさまに役立つのであればこれからも随時、記事にしていきたいと思っています。

そのような方はぜひフォローやいいねしていただけると、かなり喜んで書きます(笑)

ではまたいつかこんな看護技術も紹介出来たらと思います。読んでいただきありがとうございました(*’ω’*)

あなたのナースの人間関係大丈夫?
私が実際に利用してみてよかった転職サイト

誰よりも待遇がいい職場を探したい方に!
マイナビ看護師

特徴
  • ☆他のサイトにはないレア求人がある
  • ☆どのサイトよりも早い新着情報が手に入る
  • ☆認知度No1のマイナビで安心!

初めての転職に心強いサポート!
看護のお仕事

特徴
  • ☆コンサルタントの評判はピカイチ!
  • ☆24時間対応なので忙しいナースでも利用可能
  • ☆公開求人が多いから自分でも求人が選び放題