こんにちは、現役ナースのさやみんです。

看護師で転職を考えた時に、今までとは全く違う職場で新たな生活をはじめてみたいという方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが産業看護師というお仕事です。

ひよこナースひよこナース

産業看護師って何?

さやみんさやみん

病院ではなく、一般企業に勤める看護師のことだよ。

ひよこナースひよこナース

それのどこがいいの?

さやみんさやみん

一般企業ってことは、夜勤はないし、今までの病院での肉体労働と違って落ち着いて仕事ができるんだよ。

看護師の中でもかなり人気のある産業看護師ですが、実際にはどのように探したら仕事を見つけることができるのでしょうか?今回は「産業看護師」についてお伝えしたいと思います。

産業看護師とは

産業看護師とは一般企業で働く看護師のことで、看護師ではあるもののデスクワークが主体の仕事です。

仕事内容は、その企業に勤務する職員の健康状態をチェックしたり、健診の際には主体的に相談に乗るなどの業務を担当します。とはいえ、現役で勤務している職員を対象としているため、健康状態は良好な方が対象であり緊急を要するような判断を迫られることもありません。

緊急で業務が入るようなことも少なく、定時で帰れることも多いのが特徴です。

産業看護師が人気の理由

産業看護師は看護師の求人の中でかなり人気の職種といえます。その人気の理由を調べてみました。

 

一般企業に勤めることができる

今まで病院などの医療現場でしか仕事をしてこなかった看護師にとって、一般企業という職場は新鮮で憧れる職場でもあります。

企業の制服を着こなしたり、髪色やネイルも気にせずに自由にできるところも多く、自分らしく働くことが出来ます。またデスクワークが基本なので、バタバタしていた病院より落ち着いて仕事ができるのもいいですよね。

夜勤がない

病院ではないので夜勤はありません。基本的に日勤のみで、定時に帰れる職場も多いようです。

今まで夜勤で体調を壊したり生活リズムが整わなかった看護師さんにとっても、かなり魅力的な職場といえます。

医療行為や介護ケアがない

医療現場ではないため、医療行為を行うことはありません。

病院などの医療機関に勤務をしていると毎日多量の点滴や補正でバタバタしていますが、この産業看護師ならこのような肉体労働は全くなく、落ち着いて自分のペースで働くことが出来るのです。

福利厚生がしっかりしている

今まで大きな病院などで勤務していた方は、福利厚生は充実をしていたと思いますが、転職でクリニックや介護施設などに転職をする場合、どうしても個人経営の職場は福利厚生が充実していないと感じることも。

しかしこの産業看護師なら、産業看護師を募集するだけの資金を持った企業であるため、福利厚生が充実していることがほとんどです。有給も取得しやすかったり、産休や育休の制度もしっかりしているなど、安心して働きやすい環境が整っています。

産業看護師と他の職場との比較

こちらは看護師の職場で定番の
  1. 病院
  2. クリニック
  3. 介護施設

と産業看護師の働き方を比較してみた表です。

病院 クリニック 介護施設 産業看護師
夜勤 夜勤あり 夜勤なし △(施設による) 夜勤なし
残業 残業多い 残業多い 〇(ほとんどなし) 〇(ほとんどなし
福利厚生
忙しさ
お給料

(30万/月以上も多い)

(20万/月未満も)

(20~25万円前後が多い)

 

(大企業だと30万円近いところも)

 

看護師の仕事で辞めたい理由トップ3といえば、「夜勤」「残業」「人間関係」ですが、この産業看護師なら24時間体制ではないため、夜勤もなく残業もほぼゼロで定時に帰ることができます。そして看護師が少ない職場なので、女性特有のネチネチした人間関係が嫌だという方にもおすすめです。

そして女性であれば1度はOLのような立場に憧れるかと思いますが、この産業看護師であればその企業内でデスクワークメインで働くことが出来ますよ。

ひよこナースひよこナース

そんなにOLって憧れるのか?白衣の方がよっぽど憧れるぞ?

さやみんさやみん

白衣の天使も、ずっとそれを着ているとあの制服みたいなスーツ姿にも憧れるのよ~!!!

今まで病院で、24時間体制の中でバタバタ働いてきたナースにとっては、この産業看護師は正反対の職業でありとても憧れの職業とも言えます。

このような理由から産業看護師は看護師業界の中でもかなり人気の高い職種といえそうです。

産業看護師のデメリット

人気の産業看護師ですが、デメリットもあるので注意が必要です。

相談できる人が少ない

産業看護師は同じ企業内でも、多くて2~3人、少なければ自分一人で保健業務を担うことになります。

病院であれば同じ看護師の仲間はたくさんいるため、相談しながら業務をすすめることが出来ますが、自分だけとなるとすべて自分で判断して行動をしなければいけません。

そのためある程度の医学の知識や経験があった方がいいでしょう。

企業によってお給料に差がある

産業看護師は企業内で働くスタッフになるため、その企業の規定のお給料が支払われることになります。

上記の表でも大企業では月給30万円以上のところもある一方、小さな企業では20万円前後のこともあります。このように企業の規模でお給料に差が出やすいため、転職の際は慎重に選ぶようにしましょう。

転職の際に不利になりやすい

産業看護師は、働きやすく病院のような医療行為も必要ありませんが、そのため看護技術や知識のスキルが低下しやすいというデメリットがあります。

産業看護師や医療行為に携わらない職場でこの先も働き続けるのであればいいのですが、また病院などに復帰したいと考えている場合には改めてスキルアップの研修などに参加する必要があります。

産業看護師の求人の見つけ方

人気の高い産業看護師ですが、どのように求人を見つけていけばいいのでしょうか?その方法についてお伝えしていきたいと思います

ハローワークで見つける

仕事を探す時には、「まずハローワークへ!」と考えますが、もちろんハローワークにもこのような産業看護師の求人は載っていないことはありません。しかし上記で説明した通り、かなり人気の職業でもあるため、掲載してもすぐに募集が集まり、あっという間に求人が消えてしまうケースがほとんどです。

そして頻回にハローワークへ足を運ばなければならず、その手間も負担になりやすいといえます。今ではスマホなどでもハローワークの求人を閲覧することもできますが、応募をする際はかならずハローワークへ出向く必要があります。

ハローワークに通い続けて、めぐり会えれば奇跡のようなイメージで利用してみるのがいいのではないでしょうか?

看護師転職サイトで探す

ハローワークは通う手間や、通い続けても巡り合う確率がかなり低いというデメリットがありますが、看護師転職サイトであれば、自分のペースでサイトを見て探すことができ、さらに転職サイトの非公開求人制度を利用すればさらに高確率でこのような産業看護師に巡り合うことができます。

非公開求人というのは、その名の通り一般には公開されていない求人のことで、転職サイトを利用して、そのサイトの会員になっていると、産業看護師などの人気の求人が募集された時に一般に公開するよりも前に優先的に登録している会員に紹介してもらえるというメリットがあります。

そのため産業看護師の求人を扱っている転職サイトに登録しておき、非公開求人を上手く利用することで、優先的に求人を紹介してもらえるため、産業看護師の求人を誰よりも早くGETすることが出来るのです。

転職サイトを非公開求人を活用して、人気の産業看護師の求人を手に入れましょう。

産業看護師が探せる看護師転職サイトと求人の探し方

産業看護師は看護師の中でもかなり人気の職種であり、転職サイトすべてに産業看護師の求人が掲載されている訳ではありません。そのため、適当に転職サイトを見ても、なかなか産業看護師が看の求人が見つからないことも・・・

実際にこのサイトで扱っている看護師向け転職サイトの中から、産業看護師の求人を扱っている転職サイトを3つ集めてみたので、産業看護師になりたい方はこちらのサイトを利用してみてください

マイナビ看護師

マイナビ看護師は看護師転職サイトの中でも、比較的人気のサイトで非公開求人に力を入れているサイトです。

そのため公式サイトから閲覧できる求人は比較的少ないですが、会員になって担当者とやり取りをしていると、公式サイトには掲載されていないような秘密の非公開求人をたくさん紹介してもらうことができます。

産業看護師の求人も他のサイトに比べて豊富で、産業看護師を狙っている方は絶対に登録しておいた方がいい求人サイトといえます。

マイナビ看護師の産業看護師の求人は1116件(2019年4月現在)

これは実際に私がマイナビ看護師で産業看護師を検索してみた際の検索結果です。

全国の産業看護師の求人数は「1116件」という結果でした。

マイナビ看護師での産業看護師求人の検索方法

マイナビ看護師では「産業看護師」という検索項目はありません。検索画面の「施設形態」という項目を「その他」に合わせることで、産業看護師を含めた病院や施設、保育所関連を除いた求人を見ることが出来ます。

他にも勤務地や働く条件などを詳細に指定した検索もできるので、マイナビ看護師はサイト自体も分かりやすく検索しやすいサイトになっています。

実際に産業看護師に応募するには登録が必要ですが、閲覧するだけなら誰でも簡単に求人内容を見ることができますよ。

 

ナース人材バンク

ナース人材バンクは公開求人が豊富で誰でもサイトの求人を見ることが出来るサイトです。

実際に産業看護師を探してみたところ、他のサイトよりもかなり多くの産業看護師の求人を見ることができました。実際に応募するには登録が必要となりますが、どのような求人があるか自分の目で見て確認することができるため、安心して使いやすいサイトといえます。

実績もかなり長く、転職サイトの中でも老舗のサイトで信頼できるサイトです。

ナース人材バンクの産業看護師の求人数は比較的多め!(東京都で800件ほど)

ナース人材バンクはマイナビ看護師のように産業看護師だけで検索することはできませんが、下記画像のように「企業・学校・保育園」の項目を選ぶと、表示されるようになります。

実際には産業看護師の求人がいくつあったのか数えることはできませんでしたが、マイナビ看護師と同じくらいの件数があり、「企業・学校・保育園」の求人の中で3割程度を占めているかんじでした。

ナース人材バンクでの産業看護師求人の検索方法

まずは自分の地域を選択し、それから上記に合った「企業・学校・保育園」の項目を選ぶと、検索結果が表示されます。その中から「企業」と表示されている求人を探すと産業看護師の求人を見つけることが出来ます。

しかし産業看護師だけをピックアップして検索することはサイトのシステム上できません。

てっとり早く産業看護師の求人を探したい場合にはサイトへ登録し、担当者から紹介してもらう方法もおススメです。

他の求人サイトでも探せる?

看護師転職サイトはかなりの数があり、ここで紹介しなかった求人サイトもたくさんあります。他の気になっている求人サイトもあるかもしれませんが、このサイトで紹介している約20社の転職サイトの求人を比較して、産業看護師の求人を多く紹介しているサイトはこの2つのみでした。

他のサイトは産業看護師の求人があったとしても、地域で数件あるかないか・・・

ほとんどのサイトは産業看護師の項目でさえありません。

つまりそれだけ産業看護師の求人を手に入れること自体が難しいんですよね。このような現状もあるため、産業看護師の求人に強い転職サイトを活用し、非公開求人もこまめにチェックしていくことが産業看護師への転職成功の近道といえます。

まとめ

産業看護師の求人の探し方をまとめておきます。

産業看護師になるためには
  • 求人自体も少なく、人気の職業のため、いち早く求人情報を手に入れて応募することが大事!
  • ハローワークだと公開するタイミングが遅かったり、こまめに通う手間もかかる・・・さらに手続きをしているうちに応募が締め切られてしまうことも。
  • 転職サイトならいつでもどこでも最新の求人情報が手に入り、さらにすぐに応募も出来る!
  • 転職サイトの中でも産業看護師に強いサイトがある(というか他のサイトには産業看護師の求人がないことが多い)
  • おすすめの転職サイトは「マイナビ看護師」と「ナース人材バンク」
  • 登録すると非公開求人をみれて、一般公開する前に産業看護師の求人を手に入れることが出来るため、絶対に活用すべし!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でさやみんをフォローしよう!